ニッチェ江上 夫が適当に作った黄色い料理を食べて「天才かっ」と大絶賛

ニッチェ江上 夫が適当に作った黄色い料理を食べて「天才かっ」と大絶賛

※江上敬子オフィシャルブログより

お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子が、夫である「ヒロさん」の手作りした料理をブログで絶賛している。江上は、

「今朝はヒロさんが朝ごはんを作ってくれるというので、お任せしてもう一眠りしようとしたのですが
台所から。。
ヴィーーーン!!
という音が
一体何を作っているのか、ドキドキしながら待っていたら。。」

と寝室で夫が料理を作る過程の音を聞いていたことを説明。夫の「できたー」という合図で出てきた料理の写真を公開した。その料理は、見た目ではなにかわからない黄色の物体の上に目玉焼きが乗っているというもので、江上は、

「な、
何これーーー??滝汗??
正体不明過ぎる!」

と第一印象を述べている。夫は、その料理を自宅にあった野菜を適当に使って作ったそうで、江上が「何これ」と尋ねると「うどん」であると答えたそうだ。

「もう頭の中はパニックですが、とにかく一口食べてみましたおーっ!
えーい」

と江上は料理を口にする姿を公開したのち、驚きのあまり目を丸くする顔を紹介。

「んっ!?!?
美味し???
すごく美味しい!!
黄色の正体はとうもろこしだ
ぽってりとしていて、コーンポタージュのような、でも家には牛乳も生クリームもないのにどうやって!?
とりあえず、ヴィーーーンの音はフードプロセッサーの音だと判明」

と料理の感想と材料を説明し、これを適当に作ったという夫のことを、「天才かっっ」と絶賛している。この料理については、夫からレシピを思い出させてブログで紹介することを約束し文章を結んでいる。

江上自身は料理上手で知られており、著書に『ニッチェ江上敬子のダンナやせごはん: 胃袋をつかむ、嫁ラクレシピ!』がある。夫は、料理初心者のようだが少しずつ作り始めているようで、その内容もブログで紹介。最近では「初めて作った卵焼き」や「超大盛りコーンバター」「そうめん」などの“おとこ飯”に挑戦したようだ。江上は2015年、9歳年上の一般男性と10カ月の交際期間を経て結婚した。

関連記事(外部サイト)