狩野英孝 読んだ漫画に小島よしお的なキャラ登場し思わず笑う

狩野英孝 読んだ漫画に小島よしお的なキャラ登場し思わず笑う

※狩野英孝オフィシャルブログより

お笑いタレント・狩野英孝が、自身が読んでいる漫画にお笑いタレントの小島よしおをモチーフにしたようなキャラクターが登場したことに驚いている。

狩野が読んでいたのは漫画・江戸川エドガワ、原案・葛西竜哉による『生贄投票』というコミック。物語は、高校生・今治美奈都のスマホに突然「生贄投票」というアプリが表示されることから始まる。そこには生贄の候補者としてクラスメイトの名前が綴られており、生贄に選ばれたものは社会的死が与えられるという。SNS依存の社会とスクールカーストを描いた物語。Webコミック雑誌『eヤングマガジン』で連載中だ。

狩野は、同コミックの表紙を紹介した上で、

「小島さん
みたいな人出て来た。。」

と気になったページの中身を紹介。そこには、黒Tシャツで黒のビキニパンツを着用した男が、小島のギャグ風のポーズをとりながら、

「全然問題ない!全然問題ない!!」

と叫ぶ様子が描かれている。さらにコマを進めると男は、

「はい!デデンデデーン!」

と右手を挙げて小島の「はい!オッパッピー」を文字ったようなセリフを口にしている。これを新幹線の中で読んだという狩野は、

「声出して笑ってしまった。。
今度、小島さんに
やってもらおう。。」

と感想を述べている。『生贄投票』は現在4巻まで販売されているようだ。

これを受けて読者からは、

「それは完全によしおくんですね!(笑)(笑)(笑)」
「小島さんそっくりでびっくりしました」
「どこを取っても微妙に違い
微妙に似てる」

など、狩野の意見に賛同する声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)