クリス松村 「浮く車」に乗った経験を告白

クリス松村 「浮く車」に乗った経験を告白

※クリス松村オフィシャルブログ ヘッダー

タレントのクリス松村が、車にまつわる思い出を自身のブログで披露。「浮く車」に乗ったことがあると告白している。

クリスが、ブログのネタとして車をピックアップしたのは、高速道路の最高速度が引き上げられるというニュースを見たからだ。現在の交通法規では高速道路の最高速度は時速100kmだが、警察庁は28日、新東名高速道路や東北自動車道の一部の区間にて、試験的にこれを110kmに引き上げることを発表。国内で高速道路が開通した1963年以降初めて、最高速度が引き上げられる。

そのニュースについて、

「ありえない・・・恐い…」
「昔からダメなんです…速すぎるの・・・100kmだって…」

との感想を述べたクリスだが、かつてとてもスピードが出る車に乗った経験があるそうだ。その経験とは、

「昔、アルファロメオという車に乗っている彼と真夜中の高速道路を走っている時、
車が・・・
少し浮いた…んです。
何これ!」

というもので、

「彼は、ビックリする私を見て大喜び。
ほら…もう一度とかなんとか。(笑)
そのアルファロメオは速い速度だと少し浮く車でした。(笑)
まあ・・・気持ちも浮いていましたが・・・。(笑)」

とのこと。そんなことから、アルファロメロは「好きな車」なのだそうだ。

ただクリスは、スピードを出す車に乗るのが大変怖いそうで、普段からマネージャーと、

「そんなに急がなくていいです!速度速すぎじゃない?」
「えっ!?60kmも出てませんよ」

という会話を交わしており、

「最近、他の方の車に乗ったのは・・・ふかわりょうさんの車が最後ですし・・・」

とのこと。冒頭で述べた制限速度アップは、天候などの状況を見て行われる予定だが、中には恐怖感を覚える人もいるようだ。

関連記事(外部サイト)