あびる優 “神童”那須川天心に惨敗した夫・才賀の帰宅後ショット公開

あびる優 “神童”那須川天心に惨敗した夫・才賀の帰宅後ショット公開

※あびる優オフィシャルブログのスクリーンショットです

タレントのあびる優が自身のInstagramとブログで、夫で格闘家、才賀紀左衛門の試合を振り返った。

あびるは2014年に結婚、2015年5月5日、第1子となる女児を出産。30日、さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-』で、18歳の神童・那須川天心が才賀紀左衛門に1R1分36秒で圧勝したことを受け、あびるは、まず那須川について

「対戦相手は彼が真の天才と称する、若干18歳の那須川天心くん。 天心くんのお父様も天心くんも本当に素晴らしいお人柄の親子なのです」とした後、

「結果、彼は人生初KOで負けてしまいました。 彼は、自分自身に対しての悔しさや辛さはもちろん、応援してくださってる方々を思い辛く苦しいキモチを抱えていますが、 それも全て、結果です。 私は家族として妻として、何1つ自信を持って彼を支えられているとは思いませんが、これからも彼の勇気と希望を見守り続けたいと思います!! さぁ、気持ちを切り替えて明日からまた頑張ろー 関係者各位の皆様、ファンの方々、家族、友人、みんなみんなありがとうございました!! お疲れ様でした」と、妻としての思いと感謝をコメント。

そして、翌日は仕事のため早朝に家をでなくてはならなかったというあびるは、3時台にもInstagramとブログを更新し、
「もちろん彼は心身のダメージあって帰宅後即寝でした。彼に会えて嬉しくて無理矢理自撮りしてしまいました。もんちゃんごめんね 顔が笑ってない。そりゃそうだよね。」
「それでも、出勤前に会えてよかったー」

と才賀との2ショットを公開。なお那須川は、試合後に更新したTwitterで
「無事に勝つことができました。 会場やテレビの前で応援してくれた方そして対戦してくれた紀左衛門さん 本当にありがとうございました。 皆さんの声援が本当に力になりました。」
と勝利を報告、感謝をつづっている。

関連記事(外部サイト)