三喜本惠美、産後に人生で1番怖かった1時間「子育てしたいので助けて下さい」

三喜本惠美、産後に人生で1番怖かった1時間「子育てしたいので助けて下さい」

オフィシャルブログより

6月20日に女児を出産したことを報告したモデルの三喜本惠美が、自身のブログで命がけだった当時の心境を振り返った。

三喜本は「2回力んだら産まれてました」と出産自体は安産だったと述べているが、

「産後5分で先生達に異変が…
病院中の医師が続々と集まり…
点滴が6本に

一気に点滴したので寒気がブルブル震えていたのを思い出します。」

と産後に胎盤癒着が発覚。

「出血多量でショック死したら父子家庭で大丈夫かな?
赤ちゃんごめんね…」

と意識が朦朧としながらも、

「ご先祖の皆様、子育てしたいので助けて下さい」と、心中で繰り返し願ったことなども告白している。

以前の投稿で三喜本は、胎盤癒着について「1万人に1人と言われている」と説明し、「静脈が2本切れる」といったアクシデントや、「子宮の伸縮が上手くいかず筋肉が緩んで出血してしまう『弛緩出血』されました」と、いう珍しい症状によって出産時に2.5リットルもの出血があったことを語っている。

なお、娘自身は三喜本曰く「とにかく元気」なようで、現在は夫が娘のオムツ換えなどを行っており、三喜本は体力の回復に専念している。

三喜本は原宿でのスカウトをきっかけに女性ファッション雑誌『ViVi』の専属モデルとしてデビュー。153センチと小柄ながら、独自のファッションセンスで“元祖Sサイズモデル”として人気を集め、『ViVi』卒業後は雑誌『美人百花』で連載をスタートさせた。2008年からはモデルのキャリアを活かし、美に関わる事業をプロデュース・ブランディングする会社を設立し、13年に結婚。今年1月に第一子を妊娠したことを発表していた。


【関連リンク】
・「出産のお話」(三喜本惠美オフィシャルブログ)
・三喜本恵美 1万人に1人「癒着胎盤」と大量出血で命がけ女児出産
・窪塚洋介の妻・PINKY 女児出産を報告「愛しくて可愛くてたまらない」
・44歳金田朋子が第一子出産を報告「めちゃめちゃ元気な女の子です」
・矢沢心 妊活中の女性集め定期的にお茶会開催「抱え込まないで」