渋谷飛鳥、歌手のレキシにハマり勝手に布教活動していると告白

渋谷飛鳥、歌手のレキシにハマり勝手に布教活動していると告白

※渋谷飛鳥オフィシャルブログより

女優でタレントの渋谷飛鳥(28)が、歌手のレキシ(43)についてブログで語っている。渋谷は、5月14日に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)にレキシが出演した際のVTRを録画していたようで、

「関ジャムのレキシさん特集
ようやく観れたー!!」

と報告し、テレビ画面に映ったレキシがパフォーマンスしている写真を公開している。レキシは、2008年に解散した5人組ファンクバンドSUPER BUTTER DOGのキーボードを担当。レキシとして2007年にソロデビューし、これまで歴史をテーマにした楽曲だけを歌い、徐々に注目が集まっているアーティストだ。芸能人の大御所からの評価が高く、これまでに女優の松たか子(39)、歌手の斉藤和義(50)、歌手の椎名林檎(38)、歌手の秦基博(36)、サンボマスターなど多くの有名人とコラボしていることでも知られている。渋谷は、

「世襲制♪
という極めて独特な歌詞から始まる
このKATOKUを始め
歴史にちなんだ面白い歌詞と
ミスマッチのようでなぜかクセになる
とても綺麗なメロディーに
見事にハマってしまいまして。笑笑」

と『KATOKU』という楽曲がとくにお気に入りで、その独特の歌詞とは相反する曲調にハマっていると説明。

「 (勝手に)友達にも布教しまくっているので
周りでも徐々にファンが増えてきてます。
稲穂持参でライブ行きたいなぁー!!!
以上、布教活動でした!笑」

と周囲にレキシの名を広めていることを明かしブログを締めている。

関連記事(外部サイト)