瀬戸康史・愛之助・松井玲奈 朝ドラ『まんぷく』出演をブログで報告「夢のひとつが叶いました」

瀬戸康史・愛之助・松井玲奈 朝ドラ『まんぷく』出演をブログで報告「夢のひとつが叶いました」

※瀬戸康史オフィシャルブログより

10月1日にスタートする次期NHK連続テレビ小説『まんぷく』の追加キャスト発表を受け、俳優の瀬戸康史、歌舞伎俳優の片岡愛之助や女優の松井玲奈が自身のアメブロで同ドラマへの出演を報告した。

4日の朝に更新したブログで「今日はずっとソワソワしてるんですよ。一昨日からなんですが。笑」と明かしていた松井。続けて更新したブログで、「私がそわそわしてたのは、今日が朝ドラの記者会見だったから!!!」と理由を明かした。

松井は「うおー。緊張したー」と、記者発表を無事に終えた安堵をつづり「10月から放送の『まんぷく』に出演する事になりました。やったー!」と改めて報告。「安藤サクラさん演じる、福ちゃんのお友達の鹿野敏子という役です」と自身の役どころを説明した。

愛之助は、同日に自身のブログで「最近の夢のひとつが叶いました」と、同ドラマへの出演を報告。「願えば叶うですね 大阪制作の朝ドラに出たかったのです」と、夢が現実のものとなった喜びをつづった。

瀬戸も、「僕が演じるのは神部茂という人物。簡単に言うと、人に愛される人柄です。何事にも一生懸命で、忠犬ハチ公並みの忠誠心を持ち、人の懐にすぐに飛び込める。この神部が萬平・福子夫婦やその家族などとどう関わっていくのか楽しみにしておいてほしい。いやー、撮影が本当に楽しみです。」と意気込みを語った。

NHK連続テレビ小説『まんぷく』は、インスタントラーメンの生みの親として知られる日清食品創業者の故・安藤百福氏をモデルにした夫婦の物語。戦前から高度成長期を明るくひたむきに生き抜くヒロイン・福子(安藤サクラ)と、バイタリティーあふれる実業家の夫・萬平(長谷川博己)の姿を描く。松井は福子の女学校時代の親友・鹿野敏子役を、片岡は萬平と会社を共同経営する加地谷圭介を演じる。松井、愛之助ともに朝ドラへの出演は初めて。

関連記事(外部サイト)