鈴木伸之、始球式のオフショット公開に「ユニ似合いすぎ」「可愛い」の声

鈴木伸之、始球式のオフショット公開に「ユニ似合いすぎ」「可愛い」の声

※鈴木伸之オフィシャルブログより

劇団EXILEの鈴木伸之が23日に更新した自身のアメブロで、始球式のオフショットを公開した。

この日、鈴木は「昨夜のラジエーションハウス第3話はどうでしたか!?女性なら誰にでも起こりえることのある内容に、コメントには、ご自身の体験を書いてくださってる方もいて、しっかり読ませて頂きました!」と出演中の月9ドラマ『ラジエーションハウス?放射線科の診断レポート?』(フジテレビ系)の第3話に反響があったことを明かし、「ラジエーションハウスを通して、自分のお芝居を通して、少しでも皆さんに勇気や元気を与える事ができたらなと思います!!」と意気込みをつづった。

続けて「少し小さい男な辻村先生の一面も昨夜の放送で観れたのではないでしょうか?」と自身が演じる整形外科医・辻村駿太郎にも言及し「今後三角関係にも注目してみてください!次週4話!! どんな展開になるか、楽しみにしていてください」とドラマをPRした。

また、前日22日に東京ドームで開催された福岡ソフトバンクホークス主催の試合『タカガール・デーin TOKYO』(対オリックス・バファローズ戦)で初挑戦した始球式のオフショットを公開し、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「ユニフォーム姿、かっこ可愛いです」「ユニ似合いすぎ」「始球式お疲れ様でした? 凄い!の一言!!」「辻村先生の最初の策士な所めちゃくちゃうわー!ってなりましたw」「来週の放送も楽しみです!」などのコメントが寄せられている。

『ラジエーションハウス?放射線科の診断レポート?』は、診療放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)が、ヒロインの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に勤務し、放射線技師としての知識や技術を駆使して様々な病気を発見していくというストーリー。鈴木は唯織の恋のライバルで甘春総合病院のイケメン整形外科医・辻村駿太郎役を演じる。

関連記事(外部サイト)