川島なお美さん一周忌法要が執り行われ除幕式、遺志も叶えられる

24日、女優の川島なお美さん(享年54)の一周忌法要が執り行われたことが、マネージャーによってブログを通じて報告されている。川島さんは、2015年9月24日に胆管癌のため亡くなった。ブログでは、

「マネージャーより
本日、なお美さんの一周忌法要が麻布の賢崇寺にて執り行われました。
なお美さんの大好きな方々がまたたくさん集まってくれましたよ」

と報告されている。また、夫であるパティシエ・鎧塚俊彦氏(50)の手によって、川島さんの遺したメッセージが刻まれた「慰愛碑」も披露された。その文面は以下のとおり。

「私は蝶となって 咲きみだれるお花から花へと舞い
毎年咲く桜となって花ふぶきをお客様に散らし
たわわに実る果実となってあなたの作品として美味しくお皿の上にのります
美しく生き生きとしたファームガーデンは私の夢です
その夢をかなえて下さい
今までありがとう
なお美より」

この碑は墓のある東京・麻布の賢崇寺ではなく、神奈川県小田原市にある鎧塚氏が経営する「一夜城ヨロイヅカ・ファーム」に建立された。

関連記事(外部サイト)