高橋真麻が週刊文春の記者につかまり取材対応「文春砲!」

高橋真麻が週刊文春の記者につかまり取材対応「文春砲!」

※高橋真麻オフィシャルブログ・ヘッダー

フリーアナウンサーの高橋真麻(34)が、雑誌『週刊文春』の記者につかまったことを自身のブログで明かしている。「文春砲!」というタイトルでブログを更新した高橋。

「さっき帰宅したら
文春の記者さんが待ち構えていてw
ある人についてコメントしてほしいという取材」

「そのある人は私にとって大事な友人なので
ノーコメントや無視をして悪い記事になるのも嫌なので
対応しました。
変な記事になったり、言ってないことを書かれないよう
その記者さんを信じるのみです」

と経緯を明かした。週刊文春は今年、タレントのベッキー(32)とバンドユニット・ゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)の不倫や甘利経産大臣(当時)の金銭授受問題、宮崎衆議院議員(当時)の不倫など数多くのスクープを発表しており、「文春砲」や「センテンススプリング」(ベッキーと川谷のやり取りで出た一言)は、一時期ネットの流行語となっていた。

週刊文春は木曜日発売。

関連記事(外部サイト)