綾瀬はるか ものまね芸人、関根勤に救われた過去『いいとも!』の思い出明かす

綾瀬はるか ものまね芸人、関根勤に救われた過去『いいとも!』の思い出明かす

※沙羅オフィシャルブログより

女優・綾瀬はるかのものまねで知られるものまね芸人の沙羅が3日、自身のアメブロを更新。フジテレビ系『笑っていいとも!』で出会ったタレント・関根勤と再会、感謝をつづった。

「こんばんあやせ 今日はある方のご紹介」と始めた沙羅は「私をがけっぷちから救ってくださった恩人、関根さん」と関根との2ショットを公開。「4年前に『笑っていいとも!』のそっくりさんコーナーで私のことを面白い!って、チャンピオンに選んでくれました」と関根との出会いを明かした。

「藁をも掴む想いで行ったあの日のアルタ前。タモリさんは全然似てないねーってサングラスの向こうで優しく笑ってた。笑」と自身の『笑っていいとも!』出演シーンの画像を投稿。「関根さんがわたしの綾瀬はるかさんのものまねを見て、好きになっちゃうって言ってくれた」と喜びをつづった。

続けて「先日のものまねグランプリの収録後に声をかけてくださり、関根さん、実は4年前にって、やっと感謝の気持ちを伝えることができました」と関根との再会を喜んだ沙羅は「今回いただいた言葉は 壇蜜で興奮しちゃったよ でした。うれしいー」とグラビアタレントの壇蜜のものまねをした自撮り写真も公開。

最後は「本番直前に、審査員席の関根さんを見て身が引き締まる想いと同時に、どーんとやってやろう!という安心感も感じました いつもあのあたたかい笑顔で包んでくれる関根さん。本当に感謝です ありがとうございます!」と関根への感謝を改めてつづりしめくくった。

関連記事(外部サイト)