かとうかず子、病院で医師から聞いた恐ろしい話「痛みが出にくいから発見が遅れる」

かとうかず子、病院で医師から聞いた恐ろしい話「痛みが出にくいから発見が遅れる」

かとうかず子、病院で医師から聞いた恐ろしい話「痛みが出にくいから発見が遅れる」

女優のかとうかず子が7日に自身のアメブロを更新。病院で医師から聞いた恐ろしい話を明かした。

この日、かとうは「昨日の歯医者」と前日に歯科医院を受診したことを報告し、歯科医師から「唾液が出にくくなっている」と言われたことを説明。「ずっとそう感じていた」と実感があったことを明かし「やはりと思いました」とつづった。

続けて「シニア世代では歯茎近くの場所で虫歯になる方案外多いらしいです」と述べ「そしてその場所は痛みが出にくいから発見が遅れる」と説明。「歯茎は下がるし虫歯の可能性も出てくるし油断ならない」といい「恐ろしい話ばかりです」とつづり、ブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)