瀬戸康史、深田恭子とドラマ『ルパンの娘』で共演「はみ出していこうと思います」

瀬戸康史、深田恭子とドラマ『ルパンの娘』で共演「はみ出していこうと思います」

※瀬戸康史オフィシャルブログより

俳優の瀬戸康史が10日に更新した自身のアメブロで、7月よりスタートする新・木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系)に出演することを報告した。

同ドラマは小説家・横関大氏の同名小説を原作とした、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。泥棒一家“Lの一族”の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華を女優・深田恭子が演じ、瀬戸は泥棒逮捕を仕事とする華の恋人・桜庭和馬を演じる。

この日瀬戸は「フジテレビで7月から放送が始まる木10ドラマ『ルパンの娘』に出演する事が決まりました」と報告。「武内監督といえば、現在公開中の映画『翔んで埼玉』を観た方も多いのではないでしょうか。そうです。この作品も壮大なエンターテインメントでございます」と説明した。

原作も脚本も読んだという瀬戸は、「なんとも斬新。泥棒一家て...警察一家て....泥棒と警察の恋愛て...しかも、ジーンとさせてくるやん...まだまだツッコミどころは沢山ありますが、笑いながら活字を読むなんて、そんなにある事ではありません」とコメント。自身の役どころについて「彼は何事にも全力で取り組む、おもしろいくらい真っ直ぐな人間です」「和馬が警官として、男としてどう成長していくのか僕自身も楽しみです」とつづった。

ブログの最後では「このぶっ飛んだ設定にどのように挑んでいくか...ここが勝負ですね」と述べ、「自分がイメージしている範囲からはみ出して、はみ出していこうと思います。是非お楽しみに!」と呼びかけ、白シャツ姿のビジュアルを公開した。

この投稿に「ご出演決定おめでとうございます」「途切れる事なく瀬戸くんをドラマで見れて本当に嬉しいです」「また新たな瀬戸くんの顔が見れるかと思うと、楽しみで仕方ないです!」「撮影頑張ってください」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)