Wエンジン・えとう窓口、金銭的に苦労をかけている妻への本音を吐露「申し訳ない」

Wエンジン・えとう窓口、金銭的に苦労をかけている妻への本音を吐露「申し訳ない」

※えとう窓口オフィシャルブログ・ヘッダー

お笑いコンビ・Wエンジンのえとう窓口が9日に自身のアメブロを更新。妻に金銭的な苦労をかけてしまったというエピソードを明かした。

えとうはこの日、妻とのやりとりをブログで紹介。夕方、買い物から返ってきた妻から笑いながら「いや?、危なかった!!」と告げられたといい、心配して「どうしたの??何かあった??」と聞いたところ、「さっき買い物に行ったら、財布の中に1,000円しかなかったの。夕飯とか日用品とか色々買いたかったけど、さすがにこれじゃあ無理だと諦めた(笑)」との返答があったという。

「妻には金銭的に苦労をかけてる」というえとうは「そ、そっか…」と苦笑いしたと明かすも、妻は続けて「けど、思い出したの!!イオンのカードのポイントが溜まってるから、それを使えばいいと思って!!だから現金とポイントで何とかギリギリ買い物できたよ!!」と急場をしのいだことを報告したという。その言葉を聞いたえとうは「よ、よかったね…」と答えたものの、「もっと僕が稼いでさえいれば」と内心は複雑だった様子。

さらに妻は「でもそのあと、福之助の病院に行くのにあまりお金がなかったけど、医療費は200円だから助かった!!残金…40円しかない(笑)」と息子の病院でのエピソードについても話したといい、えとうはまたも「ハ、ハハハ…」と苦笑いだったとのこと。「僕は必死に顔では笑って、心で泣いてました 僕との結婚生活、そして子育て生活。明るく楽しく暮らしているので、精神的な豊かさはあるとは思うのですが…。経済的豊かさに関しては何も言えません」とコメントした。

妻について、「新婚生活の時はどんな時も、「何とかなる!!」というのが口癖でした。しかし子どもが生まれてからは、「何とかなる??」に変わってきました」と説明。「けど、結婚するときに「どんなことがあっても、幸せにする」と誓ったわけですから…。絶対に何とかしないと!!!」と気持ちを新たにした様子でつづった。

この投稿に「考え過ぎですよーえとうさん!」「えとうさんなら、大丈夫。あなたみたいな人は、何処からともなく、助け船出してくれる人はたくさんいるはずだから」「身体が動く限り何とかなります。大丈夫。とにかく えとう家みんな健康でいて下さい!」「パパ頑張れ」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)