大浦龍宇一の妻・ゆりえ、母・寺田理恵子への感謝をつづる「産んでくれてありがとう」

大浦龍宇一の妻・ゆりえ、母・寺田理恵子への感謝をつづる「産んでくれてありがとう」

※ゆりえオフィシャルブログより

俳優・大浦龍宇一の妻で、シンガーソングライターのゆりえが12日に自身のアメブロを更新。母親で元フジテレビアナウンサー・寺田理恵子への感謝をつづった。

ゆりえは今年3月22日に22歳年上の大浦と結婚。大浦と前妻との息子である主之和(すのわ)くんを含めた家族3人の様子などを、たびたびブログで報告している。

この日、ゆりえは「お母さん。約30年前、お母さんがお母さんになったとき。どんな感じだったんだろう?」とつづり、「母は一生懸命働きながら私を育ててくれました。母が離婚したこと、再婚したこと、私は何一つ不快には思いません」とコメント。「もちろん、思春期の時は何かと母を責めたりもしましたが、大人になった今、その気持ちは消えました」と振り返った。

その理由についてゆりえは「なぜなら、母は本当に、心から私達姉妹を愛してくれているからです」と説明。「お母さん、私を産んでくれてありがとう。大切に、たっぷりの愛で育ててくれて、ありがとう」「世界一のお母さんだと思います。これからもずっと、笑顔でいてね」と、笑顔の2ショットを公開した。

関連記事(外部サイト)