河野景子さん、15cmほどの段差で転び負傷「なぜか首まで」

河野景子さん、15cmほどの段差で転び負傷「なぜか首まで」

※河野景子オフィシャルブログより

元フジテレビアナウンサーの河野景子さんが13日に更新した自身のアメブロで、両ひざを負傷したことを明かした。

河野さんは「先日 ボーっと歩いていたら段差があって転んじゃった」と明かし、「両膝擦りむいて あまりの痛さに数秒立てずにいて、、、」と当時の状況を説明。その後、何事もなかったかのように一歩を踏み出したところ、「遠くから『大丈夫ですか?』って 優しそうな おばあちゃまが」と声をかけられたという。

河野さんは「ありがとうございます!!大丈夫です!!」と伝えたといい、「その優しさに泣きそうになりました」とコメント。「膝の痛みも転んだ恥ずかしさも消えちゃいました」とつづり、「ありがとう、おばあちゃま」と感謝を述べた。

しかし翌日の14日に更新したブログでは、「先日転んだ後、足首から手首、そしてなぜか首まで」痛みがあることを報告。「たった15センチほどの高さところから転んだだけなのに…」(原文ママ)と述べると「年齢のせいにしたくないけど、嫌な感じ」と本音を漏らした。

これらの投稿に「お怪我大丈夫ですか?」「身体に衝撃を受けられたのでしょうね」「転んだ痛みも、恥ずかしさも よ?くわかります」「お疲れなのではないですか?たまには、ゆっくり休んで下さいね」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)