麻木久仁子 「あれから5年」左右両乳房に見つかった乳ガン発見時を振り返る

麻木久仁子 「あれから5年」左右両乳房に見つかった乳ガン発見時を振り返る

※麻木久仁子オフィシャルブログより

タレントの麻木久仁子が3日、自身のブログを更新し、乳がんが見つかった5年前のことを振り返っている。

「あれから5年…………」

と題したブログで、
「この時期になると思い出すのが、5年前の乳がんのこと。」

と切り出すと、

「思いがけず、左右両乳房に見つかったガン。
50歳の誕生日を目前にして、それまでの生き方や考え方をがらっとか変えさせられたというか。
立ち止まって、振り返らざるをえなかったというか。」

とガン発見が自身の人生にもたらした影響についてつづった。

そして、

「まずは食生活から見直してみようと一念発起して始めた『薬膳』の勉強も、
国際薬膳師の資格を取って、今では生活の一部になり、
お教室も始めて…………」

と語っている通り、最近自身のInstagramでは毎日のように彩り豊かなメニューの写真を公開し、これに合わせて薬膳の効能についても解説している。

例えば、ある日のメニューはアボカドのキッシュ。アボカドの薬膳的効能について「お通じにとても良いけれど涼性なので冷えのある方は食べ過ぎ注意」と説明。またある日のメニューはいちじくの豚肉巻きで、いちじくについては「脾胃を補って食欲不振を解消し、お通じを整え、また肺を潤す」と説明している。

ブログ記事の最後には、

「50代、早くも半ば。
これからも楽しく歳を重ねたいな」

と前向きな言葉で締め括っている。

ファンからは

「薬膳料理お教室!いいねー!」
「健康にいいことはいろいろやって見て下さい?」
「次の美味しそうな薬膳料理楽しみにしてます?」

などのコメントが寄せられた。

関連記事(外部サイト)