大浦龍宇一、50歳にして初めて“JK雑誌”を購入「速攻で本屋に買いに行きました」

大浦龍宇一、50歳にして初めて“JK雑誌”を購入「速攻で本屋に買いに行きました」

※大浦龍宇一オフィシャルブログより

俳優の大浦龍宇一が16日に更新した自身のアメブロで、ファッション誌『Seventeen』(集英社)を購入したことを報告した。

大浦は、3月22日に元フジテレビアナウンサー・寺田理恵子の長女で、22歳年下のシンガーソングライター・ゆりえと再婚。この日大浦は、「初めて買ったJK雑誌」というタイトルでブログを更新。「永野芽郁ちゃんが卒業する今月号のセブンティーンが欲しい」という妻の妹のために、『Seventeen』を買いに行ったことを報告した。

続けて「速攻で本屋に買いに行きました」と明かし、「50歳にして、人生で初めて買ったセブンティーンです 照」と、購入した雑誌を公開。また、「妹が手作りしてくれた結婚祝いのプレゼントはいつ見ても癒されます?」と、妻の妹が作ってくれたというフェルトの作品も公開してブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)