マキタスポーツが「公式どん兵衛士」に 日清から感謝状

マキタスポーツが「公式どん兵衛士」に 日清から感謝状

オフィシャルブログより

4日、お笑い芸人で俳優のマキタスポーツが、自身のアメーバブログにて日清から「公式どん兵衛士」の称号を与えられたことを報告した。

マキタスポーツは2015年に、お湯をいれて5分待つという本来の食べ方ではなく、10分おくと美味しいという独自の食べ方「10分どん兵衛」を提案。瞬く間にネットで広まり、製造元である日清が公式に企画を制作するなど話題となった。

感謝状には「どん兵衛を愛し、その発展に寄与した」として、公式どん兵衛士の称号が贈られている。

この感謝状についてマキタスポーツは、

『今の時代はフェイクニュースなど、悪いものも含めて、「非公式」の力が絶大です。それを上手く利用するか、バカにして敬遠してしまうかを大衆は見ています。

なんせ公式側は、非公式の速度感に対して、いろいろが遅いですから。真面目に色んなりん議を通してる間に、非公式はどんどん先に行ってしまいます。その点日清さんは潔くも、対応が早かった。感服です。』

と、独自の食べ方を受けいれた日清に対して敬意を表した。

最後にマキタスポーツは「様々な非公式で、ちょっとお行儀の悪い発見をしていきたいと思いました。ありがとうどん兵衛!」と、今後も新たな食べ方を発見していきたいと締めくくっている。

関連記事(外部サイト)