インリン、弱視の治療をした長男の視力に喜び「少しずつですが、確実に良くなって」

インリン、弱視の治療をした長男の視力に喜び「少しずつですが、確実に良くなって」

※インリンオフィシャルブログより

タレントのインリンが20日に更新した自身のアメブロで、長男の視力についてつづっている。

2017年の6月3日のブログで、長男の弱視が判明したことを明かしたインリン。その後、長男は矯正メガネをかけ、定期検診に行っていることも随時報告していたが、昨年の3月29日に医師から「弱視はもう治りました」と診断されたことを説明。しかし遠視と乱視の矯正のため、メガネ生活は続けるよう指導されたことも併せて明かしていた。

この日、インリンは「長男の視力の検査、、、3年生でやっと矯正視力が左右両方「A」になりました」と報告。「そろそろ眼科へ行かなきゃと思ってましたが、でも学校からなかなか再検査の紙がこないから、、、」と焦っていたことを明かすも、「今日水泳用の健康カードが配られ、診断結果が記載されていました!」「もう再検査しなくていいみたいで?す」と、嬉しそうに定期健康診断の結果が記載された用紙を公開した。

インリンは長男について「小学校1年生にまさかの弱視が発覚→弱視の矯正は2年生で完了→でもそれから遠視、乱視は眼科での検査は毎回ほんの少しずつしか良くならず」(原文ママ)と振り返り、半年前に訪れた眼科で「半年に1回の検診で大丈夫ですよ!」という指示があったことを説明。それ以来、視力検査をしていなかったことを明かすも、「あれからほんの少しずつですが、確実に良くなっての、、、「A」だと思います」と述べた。

しかし一方で「メガネはこれからも掛け続けるのかなぁ?レンズを変えなきゃならないのかな?」と疑問もある様子で、「やはり近々眼科へ行かなきゃ!」とつづった。

この投稿に「視力回復して良かったですね」「今の小学校ってAとBで判定するんだぁ。知らんかった(笑)」「ぜひ眼科に行かれてどうだったか教えてください」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)