井深克彦 太っていた小学生時代の「黒歴史」写真初公開

井深克彦 太っていた小学生時代の「黒歴史」写真初公開

※井深克彦オフィシャルブログより

今年8月に「有吉反省会」(日本テレビ系)でオネエであることをカミングアウトした俳優の井深克彦(29)が自身のブログで、太っていた過去を明かした。

現在は177センチという高身長を生かしてモデルとしても活動する井深だが、小学生時代は習い事生活だったこともあり、1日4食が原因で昔は太っていたという。公開された写真は今の姿とは程遠く、丸々とした顔が目立っている。

中学生になり、ダイエットを意識して痩せたようだが、自分には“太る遺伝子”が存在すると思っている井深は、日々ダイエットに励んでいるとのこと。

「別に細い人が優れているだとか、
そう思っているわけではありません。
個性だし、
自分らしいのが1番だと思います。」

としつつも、痩せたことで楽しいことが増えたといい、

「だから僕は、これからも
常に今の自分がベストだと
胸をはれるように、
ダイエットに対してストイックに、
意識高い系で頑張りたいと思っています!」
「ただし食べることが好きなので
TPOでダイエットをお休みします。笑」

と、生活を楽しみつつ体に気を遣い続ける決意を述べた。ファンからも、

「目標に向かって一生懸命努力している姿は格好いいし尊敬します。
黒歴史を告白するかっちは、とても愛らしく感じました♪」
「これからかっち見習ってダイエット頑張ります。」

などの反応が寄せられている。

関連記事(外部サイト)