有村藍里『恋んトス』の最終回を報告「最初は不安しかありませんでした」

有村藍里『恋んトス』の最終回を報告「最初は不安しかありませんでした」

※有村藍里オフィシャルブログより

タレントの有村藍里が4日、出演していたTBSテレビ系ドラマ『恋んトスシーズン6』が最終回を迎えたことを自身のアメブロで報告した。

「7月から毎週放送していた『恋んトスシーズン6』最終話を迎えました。ご視聴、ご声援ありがとうございました」とまずはお礼を述べた有村は「毎週楽しみにしていると言っていただけたり 恋んトス観てるよ!と声をかけていただくことが多くなって、改めて参加させていただいた実感が湧きました」とつづった。

続けて「宮古島での2週間と静岡での10日間。毎日が濃くて、そして必死で。今となっては夢心地です。なんだか学校みたいな。卒業式を終えたばかりの気分」と今の心境をつづり「私は修行だとも思ってたけどそれくらい学ぶことがたくさんありました」と振り返った。

さらに「初対面の人と食事をするのも苦手」だったという有村は「最初は不安しかありませんでした」と明かしつつも「みんなの優しさや思いやりにふれて幸せな気持ちが増えていきました」と撮影中の自身の変化についてもつづった。

「一生忘れることのない経験です」と続けた有村は「泣いてばかりの私に向き合ってくれて、真剣に話を聞いて受け入れてくれたメンバーに感謝しかありません。応援してくださった皆さんも同じです」と改めて感謝を伝え「この素晴らしい経験は、一歩踏み出せたからこそ得られました」「これからも一歩ずつ人より歩くのは遅いかもしれませんが私は前へ前へ進んでいきたいです」と熱く語りしめくくった。

TBSテレビ系ドラマ『恋んトス』は恋がしたい見知らぬ男女7人が期間限定で行動を共にしながら、恋愛・友情・喧嘩ありのドラマを繰り広げる恋愛バラエティ番組。コインの表か裏で運命が左右され、“コイントス”の指令には従わなければならないルール。有村が出演していたシーズン6は「灼熱のリゾートバイト編」で接客・メンテナンス・DIYなど期間限定で共同作業を行った。

関連記事(外部サイト)