森渉、娘とオリジナルの七夕儀式「何度もやって遊びました」

森渉、娘とオリジナルの七夕儀式「何度もやって遊びました」

※森渉オフィシャルブログより

俳優の森渉が8日に自身のアメブロを更新。オリジナルの七夕の儀式を2歳の長女・千笑(ちえ)ちゃんと行ったことを報告した。

森は「ソファの間に天の川を作って、娘(織姫)が願い事を書いた短冊と笹を持って、反対側にいる僕(彦星)に届ける という儀式にしました」とつづり、「こんな感じ」と複数の写真を公開。

「娘も楽しそうにチャレンジしてくれました」と嬉しそうにコメントし、「例のごとく娘が「もっかい」と言って何度もやって遊びました」と微笑ましいエピソードを披露。「準備はなかなか大変でしたが、娘が喜んでやってくれたので良かったです また一つ家族の思い出が増えました」と述べ「来年はどんな七夕の儀式にしようか、今から楽しみです」とつづった。

この投稿に読者からは「千笑ちゃん、楽しそうですね」「森さん一家見てて本当に微笑ましくて大好きです!」「パパとママの愛情たっぷりで優しい子に育ってくれそうですね」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)