大友花恋、20歳の誕生日を迎えた心境つづる「意味のある、10代でした」

大友花恋、20歳の誕生日を迎えた心境つづる「意味のある、10代でした」

※大友花恋オフィシャルブログより

モデルで女優の大友花恋が9日に更新した自身のアメブロで、20歳の誕生日を迎えたことを報告した。

「本日、20歳を迎えました」と報告した大友は、「ずっとなりたかった20歳です。」「やっと、です。」と喜びをつづった。19歳の1年間は10代のうちにやっておきたかったことを全てやりきったといい、「セブンティーンのピン表紙、ドラマの主演、一人暮らし、車の免許。」と列挙した。

さらに未成年だった日々を振り返り、「学びの、10代でした。意味のある、10代でした。」「間違いなく、自分年表を作る時には細かく線が引かれる日々。」「それだけ沢山の出来事の中で、足の小指にまで血を通わせながら立っていました。」と貴重な日々を過ごしてきた心境をつづった。

誕生日前日の朝には父親から「人生ではるかに短い未成年 最後の日々を堪能してください」というメッセージが送られてきたことを明かし、1日の撮影が終わり就寝しようとしたときに父からの言葉を思い返し、改めて20歳までの日々の短さを実感したと語った。

今後の目標については、「やれることは全てやりたいです。」「自分で自分の幅を狭めたくないです。」と意気込みを語り、「20代の成人の私も、よろしくお願いします。」と呼びかけ、同日に3rd写真集『Karen3』(東京ニュース通信社)も発売されており、「14日と19日の発売イベント、お待ちしています!」と自身の写真を公開してブログを締めくくった。

この投稿にファンからは「おめでとうございます」「これからも、応援させてね!」「20歳の大友花恋楽しみです」などの祝福の声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)