はあちゅう氏、産後の体で1番嫌なことを明かす「これ、はやくなくならないかな?」

はあちゅう氏、産後の体で1番嫌なことを明かす「これ、はやくなくならないかな?」

※はあちゅうオフィシャルブログより

ブロガーで作家のはあちゅう氏が12日に自身のアメブロを更新。産後の体に続く変化をイラストとともにつづった。

この日、はあちゅう氏は「おなかブヨブヨする」と述べ、「でも、このおなかは まだ許せるのです。(ちなみに、おへそも大きくなりました。びっくり!)」と自身の体におきた変化を報告。

続けて、1番嫌なことは正中線が消えないことだと明かした。正中線とは体の中央を縦に真っ直ぐ通る線のことで、妊娠するとへその上下あたりに黒い線が出てくることがある。はあちゅう氏は「これ、はやくなくならないかな?。私、結構しっかり胸の下から お股の上まで入ってます。悲しい。人によっては消えるまで1年半とかかかるんだって」と悲しんでいる様子でつづった。

その一方、胸については「大きくなり」「ぱーんっと張っていて」と変化を明かし、「なんか かっこいい!」と喜んでる様子。しかし、友人から断乳後は形が変化することがあると言われたそうで「産後も体の変化は続くのね...。」と述べ、「正中線が消えたら ご報告しますわ...。」と締めくくった。

この投稿に読者からは、「正中線は、産後少し経ってたからお風呂の時にアカスリのようにゴシゴシしたら薄くなりましたよ」「懐かしい!」「正中線にはびっくりして、ショックだったことを思いだしました。ちゃんと消えますよ?」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)