猪狩ともか、抜釘手術を終え退院したことを報告「ずーーーっとベッドにいた」

猪狩ともか、抜釘手術を終え退院したことを報告「ずーーーっとベッドにいた」

※猪狩ともかオフィシャルブログより

アイドルグループ・仮面女子の猪狩ともかが19日に自身のアメブロを更新。抜釘手術を終え退院したことを報告した。

猪狩は2018年4月に落下してきた看板の下敷きとなり脊髄を損傷し両下肢が麻痺。6月11日に更新したブログで「背骨を固定しているボルトを抜く為」に手術を行うことを報告していた。

そしてこの日は「本日退院いたしました 抜釘手術は無事に終わり、特に問題もなく。」と退院したことを報告。続けて、「ただただ暇だった…。20ギガくらい消耗しました(笑)ずーーーっとベッドにいたからね」とお茶目につづった。

現状について、「傷口の痛みは徐々に無くなってきています」「自分で乗り移りもできて、自分で車椅子漕げるくらい回復しました!!」と述べるも、「でもまだ痛みはあるので…。仕事再開まで安静にしておこうと思います!」と説明。最後は「1週間ぶりの化粧(笑)」と、ピースした自撮り写真を公開した。

この投稿に読者からは「めっちゃ安心しました」「元気に退院できてほんとに良かったですね」「頑張ったね 痛みがしっかり取れるまで、お大事に」「笑顔がとても素敵!かわいいですよ?」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)