山崎賢人主演の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』スイスでワールドプレミア開催

山崎賢人主演の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』スイスでワールドプレミア開催

(C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

8月公開予定の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』のワールドプレミアがスイス現地時間の7月2日(日)、17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭にて実施された。

これに伴い、本作でメガホンを取った三池崇史監督と主演の山崎賢人がスイス・ヌーシャテル現地で行われた公式上映イベントに出席し、多くの現地ファンに迎えられる中、作品への思いや撮影エピソードを語った。

本作は荒木飛呂彦氏原作のコミック『ジョジョの奇妙な冒険』の実写化映画。主人公の高校生・仗助が連続変死事件に立ち向かう物語で、世界各地にファンがいる人気作品であり、イベント当日も多くのプレスが参加するなど注目を集めた。

イベントでは、初の映画祭参加となる山崎がフランス語で挨拶した後、緊張の面持ちで「海外の人たちがジョジョをみてどういう反応をみせるのか気になりますし、その中で一緒に映画を観られるのは貴重な体験だと思うので自分も楽しみながら、最高のキャストと最高のスタッフで作りあげた、この三池監督のジョジョワールドを皆さんに楽しんでもらえたらと思います」と、作品への自信をのぞかせた。一方、三池監督は「どう楽しんでもらえるのかを一緒に楽しめたら。もう、お客さんのものですからね、わざわざジョジョをみにきてくださる人たちがどんな人たちなのか、勇気をくれる人たちだと信じています」と意気込みを語った。

また、上演後に行われたQ&Aでは撮影エピソードや苦労の詳細も語られ、本作のワールドプレミアは盛況のうちに無事終了したという。

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日(金)、全国ロードショー。

関連記事(外部サイト)