日ハム・西川遥輝選手、上沢直之投手のお見舞いへ ファンから安堵の声も

日ハム・西川遥輝選手、上沢直之投手のお見舞いへ ファンから安堵の声も

※西川遥輝オフィシャルブログより

北海道日本ハムファイターズの西川遥輝選手が25日に自身のアメブロを更新。同球団に所属する上沢直之投手のお見舞いに訪れたことを報告した。

上沢投手は2019年6月18日に神奈川・横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズ戦に先発出場。6回にネフタリ・ソト選手の打球が左膝に直撃し、左膝蓋骨骨折と診断されていた。

西川は「昨日、みなさんが心配している上沢選手の顔をのぞいてきました!元気な顔をしていてよかった!」と、病室での笑顔の2ショットを公開。しかし一方で「相当悔しいだろうが…」と上沢投手の胸中を察するも、「でも もうリハビリも始めていて前を向いていました!」と説明した。

続けて「帰り際に、頑張ってな!って言ったらあいつ 西川さんも頑張って下さい!って」とやりとりを紹介し、「自分が1番大変やのにおれらの心配までしてくれたのがすごく嬉しかったですね!」とコメント。「シーズンの半分が終わり明々後日から後半戦が始まりますが上沢のためにも頑張ろうと思います!」と意気込んだ。

この投稿に「上沢選手、元気そうでよかった」「笑顔を見れて少し安心しました!」「無理せずリハビリ頑張ってほしいです」「仲間って素敵ですね」「遥輝さんも、怪我には気をつけて!!」などの声が140件以上も寄せられている。

関連記事(外部サイト)