薬丸裕英、ジャニー喜多川氏との思い出を振り返り「感謝の気持ちしかありません」

薬丸裕英、ジャニー喜多川氏との思い出を振り返り「感謝の気持ちしかありません」

※薬丸裕英オフィシャルブログ・ヘッダー

タレントの薬丸裕英が10日に自身のアメブロを更新。ジャニーズ事務所代表取締役社長のジャニー喜多川氏の訃報に際し、思いをつづった。

ジャニー氏は6月18日から解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため入院していたが、9日午後4時47分、87歳で亡くなったと同事務所が書面を通じて発表した。薬丸は、かつてはジャニーズ事務所に所属し、アイドルグループ『シブがき隊』の一員として活躍したという経歴をもつ。

この日、薬丸は「深謝」というタイトルでブログを更新し、「一晩、泣き明かしました。人生の恩人の逝去…辛く悲しいです」と辛い心境を吐露。「ジャニー喜多川社長に出会わなかったら今の自分はありません。14歳から今日までジャニーさんとの色々な想い出が頭の中を駆け巡っています」とつづった。

自身がジャニーズ事務所を退所した後も年に数回はジャニー氏プロデュースの舞台に呼ばれ、「楽屋で近況などお話させていただきました」と説明。「常にやさしく気遣いの方でした。ジャニーさんには感謝の気持ちしかありません」と感謝を述べ、「本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします」と哀悼の意を表した。

関連記事(外部サイト)