岡田龍太郎『仮面ライダーゼロワン』の見どころを紹介「考え方が全く違うんです」

岡田龍太郎『仮面ライダーゼロワン』の見どころを紹介「考え方が全く違うんです」

※岡田龍太郎オフィシャルブログ・ヘッダー

俳優の岡田龍太郎が17日に自身のアメブロを更新。9月1日に放送開始予定の『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)への出演を発表した。

同作品は『仮面ライダー』シリーズの新作で、AI(人工知能)が普及した未来の日本が舞台。主人公はAIを搭載したロボットを開発する企業の社長で、自社のロボがテロリストに悪用されたため、ライダーに変身して戦うストーリーとなっている。主人公の飛電或人(ひでん・あると)/仮面ライダーゼロワンを俳優の高橋文哉が演じる。

岡田はこの日、「『仮面ライダーゼロワン』に、 仮面ライダーバルカン/不破 諫(ふわ いさむ)役で参加させていただきます」と報告。自身の役どころについて「今回僕が演じる不破 諫(ふわ いさむ)と言う男は、A.I.M.S.と言う特殊部隊の隊長です。A.I.M.Sは、AIロボが暴走した時にそれを破壊する権限を持った、内閣官房直属の組織です」と説明。

「諫はAIにすごく否定的です。それも過激派。AIロボは全部ぶっつぶすべきだと考えています。それに対して、主人公の或人はAIと共存することが正しい道だと思っています」と主人公との考えの違いをつづり、「諫と或人、どちらも市民を守る正義の味方ですが、考え方が全く違うんです。二人がぶつかり合った時、突き詰めればどっちが正しいのかわからなくなってしまうような面白みがあります」と解説。「この作品を見ながら、AIとの向き合い方を考えさせられると思います」とつづった。

一方で「もちろん子供も楽しめるアクションも盛りだくさん!」「みんなかっこいいし!なんなら内容がわからなくても楽しめると思います。(笑)それだけ迫力あるシーンを撮影しています」ともコメント。「ぜひ、見てください。みなさんに楽しんでもらえるような作品を、精一杯作っていきたいと思います」と意気込み、「これから1年間、よろしくお願いします」と呼びかけ、番組のポスターと自身のビジュアルを公開した。

この投稿に「仮面ライダーゼロワン出演おめでとう!!」「私はこの日をずっと待ってましたよ!」「友達に即電話して、二号ライダーカッコイイと盛り上がりました笑」「放送楽しみにしています」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)