堀ちえみ、夫婦喧嘩についての考え方を明かす「全て天気のせい」

堀ちえみ、夫婦喧嘩についての考え方を明かす「全て天気のせい」

※堀ちえみオフィシャルブログ・ヘッダー

今年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレント・堀ちえみが17日に更新した自身のアメブロで、夫婦喧嘩についての考えをつづった。

この日、堀は「ちえみさんちは夫婦喧嘩なんてするんですかぁ?」と多くの人から聞かれることを明かし、「自分で言うのも何ですが、本当に仲良いと思います」とコメント。その理由について堀は「お互いにいろいろな経験を経た結果、二人には喧嘩がないので、一緒になった事が大きいのかも知れません」と説明した。

しかし一方で、「必ずしも喧嘩は不必要なものでは、ないんですよね」と述べ、「ガスを抜き合う意味でも、とても大切なんじゃないかなぁ」とコメント。自身も同日の朝に友人から夫婦喧嘩の愚痴をLINEで聞いていたといい、「可愛い可愛いグチで、旦那さんの事が大好きなんだなぁ!と思ってラインを読んでいました」と明かした。

堀は「全て梅雨のせい」「低気圧が二人を具合悪くしているだけ」「だから済んだ事はあまり追求しないで、通り過ぎるのを待ってね」とアドバイスしたといい、「ちょっとした夫婦喧嘩は、全て天気のせいにすれば、大抵は腹の虫も治ったりします」「天気のせいにすれば、罪はないんじゃないかなと、そう思うのです」と自身の考えを紹介。

「相手を上から目線でそう思うのではなく、自分の心の目を他に向けると、一呼吸置く事ができるのではないか」と述べ、「何より大切なのは、「あなたの存在に感謝しています」という気持ちを、お互いに持ち続ける事。これしかないと、私は思っています」とつづり、「偉そうな事は言えませんが、病気をして気付かせてもらった、大切な大切な事です」と述べた。

この投稿に「なんて、穏やかなブログの内容でしょう。なぜか、涙がほろほろ溢れました」「夫婦やってると、いろいろありますよね」「お天気のせい、なるほどです」「夫婦喧嘩の極意、納得しました。目線を変えてみます」「夫への感謝って、ちえみさんがおっしゃるように大切ですよね」などのコメントが多数寄せられている。

関連記事(外部サイト)