山崎賢人、舞台『里見八犬伝』無事終了に「感謝感激雨霰」

山崎賢人、舞台『里見八犬伝』無事終了に「感謝感激雨霰」

※山崎賢人オフィシャルブログより

4月15日(土)より開幕した舞台『里見八犬伝』の12都市、全33公演が無事終了したことを、主演の山崎賢人がブログで報告した。

同舞台は、知勇に優れ、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌8つの玉に導かれた八犬士が出会い、立ちはだかる怨霊集団を戦いの末を打ち滅ぼしていくという冒険活劇。
主人公の犬塚信乃役は2014年版でも主演を務めた山?賢人。その他八犬士を、青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史が演じている。

5月31日(水)の東京凱旋公演で千秋楽となった舞台について山崎は、
「最後まで誰1人かけることなく無事に走り抜けれて本当に良かったと思います!
全スタッフ、キャスト本当にお疲れ様でした。
信頼のおける前回のメンバーに、新しいメンバーも加わり
今回も本当に最高のカンパニーでした!
里見八犬伝を再演という形で犬塚信乃を2度生きれたこと、学んだこと、この経験は僕の中で確実に大きなものとなりました。
そして
作品の故郷、館山から
はじまり
全12都市で届けられて本当に嬉しく思います」
と振り返った。
続けて、
「パワーを沢山をもらいました。
本当に
ありがとございました!」
と感謝の気持ちを綴り、八犬士が肩を組んだ集合写真を公開した。

コメント欄には、
「最高の舞台、大好きな賢人くんのいい表情を沢山見れて、パワーをもらえたのはこちらです」
「素敵な舞台をありがとう」
「賢人くんのお芝居は本当に感動でした」
「信乃ロス、里見八犬伝ロス中です」
など、観劇したファンから多数の感想や応援のメッセージが寄せらせている。

関連記事(外部サイト)