天野ひろゆき、草なぎ剛の歌う姿に「楽しんで生きてるかい?とお尻を叩かれたような気持ち」

天野ひろゆき、草なぎ剛の歌う姿に「楽しんで生きてるかい?とお尻を叩かれたような気持ち」

※天野ひろゆきオフィシャルブログより

お笑いコンビ・キャイ?ンの天野ひろゆきが28日に更新した自身のアメブロで、俳優・草なぎ剛が27日、28日に東京・昭和女子大学人見記念講堂で行ったライブイベント『草なぎ剛のはっぴょう会』の感想を述べた。

この公演は、草なぎのギターへの思いとこれまでに書き貯めていたオリジナル楽曲をファンに披露するために催されたもので、ライブにはゲストアーティストとして、斉藤和義やORIGINAL LOVEの田島貴男らが登場した。

この日、天野は「歳をとると、失敗を恐れたり、なるべく恥をかきたくないという気持ちが強くなり、次第に自分で挑戦を諦めたり、限界を決めたりしてしまうものだ」と述べるも、「しかし、つよぽんにはそれがない」「そんなことはどうでもよくて、興味が勝ってしまうのだ」と説明。

「オリジナルラブの田島さんのギターに必死に食らい付くつよぽんのギター」「斉藤和義さんの横で声を絞り出すように歌うつよぽん」とステージ上の草なぎの様子について述べ、「その姿を見ていたら人生を楽しんで生きてるかい?とお尻を叩かれたような気持ちになったりした」とコメント。「つよぽん最高の発表会お疲れさまでした!!」と、草なぎと相方のウド鈴木との3ショットを公開した。

この投稿に「アマのっちの素敵なコメントに感謝です」「お2人も来ていたんですね!同じ時間で感動を共有できて嬉しい」「とっても素敵な時間だったこと伝わってきてなんだか幸せな気持ちになります!!!」「2人が応援に駆けつけてくれて剛くん嬉しかったと思います」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)