小林幸子が幅18mの衣装でニコニコ超パーティー出演、『千本桜』歌う

小林幸子が幅18mの衣装でニコニコ超パーティー出演、『千本桜』歌う

※小林幸子オフィシャルブログより

歌手の小林幸子が4日、「ニコニコ超パーティー2017」に出演した様子を自身のアメブロで報告した。「ニコニコ超パーティー」とは、ニコニコ動画のユーザー参加型大型ライブイベントで、ニコニコユーザーが、「歌ってみた」「踊ってみた」という形で舞台に立てる企画や、有名人たちの舞台が見られるイベント。

今回小林は、“フェニックス”という幅18mの衣装で初音ミクの『千本桜』を歌った。『千本桜』は、2015年の紅白歌合戦でも歌っている。紅白歌合戦においては美川憲一と毎年「巨大衣装対決」をしていたが、これをニコニコ超パーティーの場にも持ち込んだ形だ。そして、新曲の『存在証明』も初生披露。

「正直、存在証明の初生披露は、緊張と不安とちょっとプレッシャーもありました。最後のみんなの拍手に安心し、少しでも私の思いが届いてるくれたかな と これから、この曲を沢山の皆さんに届くように、歌っていきたいと思います」と、新曲披露の感想を述べた。

約1年半ぶりとなる新曲には、「自分が今『これをやりたい』『おもいっきり楽しみたい!』という想いに、純粋に突き進んでほしい。たとえそれが周りの人達とは違う方向だったとしても」というメッセージが込められているという。

関連記事(外部サイト)