インリン、住んでいるマンションの火事でパニック「消防車と救急車が何台も来ていた」

タレントのインリンが5日に更新した自身のアメブロで、住んでいるマンションが火事になったことを明かした。

インリンは「昨晩10時すぎに、住んでいるマンションが火事になり」と報告し、「しかもマンションの警報が鳴ることなく、なんと!消防車のサイレンで気付き、窓の外を覗いたら消防車と救急車が何台も来ていた」「マジかっ!とパニックに」とその時の状況を説明。子ども達に鼻を覆うタオルを渡し、急いで廊下に出たところ「物凄い焦げたニオイ」がしたという。

そのため夫と「非常階段で逃げた方がいいかな?」と相談するも、12階に住んでいるインリンはグループLINEで火元と知らされた7階を通り抜けられるかが不明だったため、「結局部屋に戻ることを決断し、玄関の防火ドアを閉め家の中で待機することにしました!」と明かした。

家では「長男が恐怖に耐えきれずポロポロと泣き出し、子供達も大パニック」だったと明かすも、「幸い、窓から外の様子を見てたら10分くらいで消防員のバタバタ感が少し落ち着き、さらにゆっくりと消防員が撤収し始めて、、、どうやらボヤだったみたいで本当にホッとしました」と、その時の外の様子を写真で公開した。

インリンは「とにかく、人生初めての経験でかなりかなりビックリ」と振り返り、「火事になった時の避難知識をしっかり勉強しなきゃと反省しました!」とつづるも、「マンションの緊急警報はいつも避難訓練の時に鳴っているのに、肝心な本番時に鳴らないのは一体どうなってんのかな?」と心中穏やかではない様子。

マンションの警備員に尋ねたところ、「本当は鳴るもので昨晩は何故鳴らなかったか、調べてるところです!」との返答があったといい、「さすがに今回は「これも私の地元台湾らしいなぁ…まぁいいか!」って思えなくて、命がかかってることだから、もう本当に不安でしかない」と本音を述べた。

関連記事(外部サイト)