門楼まりりん、医師から“早急に出たほうが良い”と言われた自宅「カビハウスで体調を崩してしまい」

門楼まりりん、医師から“早急に出たほうが良い”と言われた自宅「カビハウスで体調を崩してしまい」

※門楼まりりんオフィシャルブログ・ヘッダー

グラビアタレントの門楼まりりんが19日に自身のアメブロを更新。16日のブログでCT検査の結果肺炎の影とその他に咳喘息、副鼻腔気管支症候群の合併が疑われるという診断結果が出たことについて、その原因を語った。

16日のブログで門楼はお盆前に物件を探している最中に突然のどの痛み、めまい、全身の痛みなどに襲われ、帰宅後に熱を出したことを報告。その後も熱は下がったものの吐血してしまい、病院で検査を受けたことを明かし、「カビが原因の可能性が高いそうで専門の検査で血液を二本採られました 結果は2週間後に解るそうなのでまた分かり次第ご報告致しますね」とつづっていた。

この日門楼は「昨年の7月末に今の家に引っ越す事になりました。よくコメントでも安いボロ家だと思われがちなのですが今の家は管理費込93000円のコンクリート打ちっぱなしのデザイナーズマンションです。」と説明。

また入居してから数日後「部屋に蟻を発見」「玄関をふと見ると蟻地獄状態で、壁の隙間から大量に侵入して居ました。あまりにも気持ち悪く壁を軽く叩くと同時に隙間から蟻の他に、ダンゴムシ、ミミズ、ナメクジ、蜘蛛、得体の知れ無い見た事もない虫が大量に出てきては壁に戻って行きました」といい管理会社に連絡したところ、「数日後に管理会社の男性が玄関に粉を撒きに来てどうしても自然をイメージしたデザイナーズ物件なので仕方ない。他の部屋も虫はよく出ると言われました。現在はこの様な感じです。」と壁際の写真を公開した。

さらに「フローリングの一部が変色しているのですが、雨が降るとフローリングから水が侵入するのがわかりました。」と変色したフローリングの写真や「数ヶ月使って居なかった」というカビだらけになったバッグの写真などを公開、「下水管の問題かもしれませんが水周りはカビやコバエで一杯です。」「掃除をこまめにしても全く追い付かず、2、3日程放置したらこうなりました。」とカビで真っ黒になったキッチンの排水口の写真を公開。

「前に住まれていた方は半年も経たずに出て行ってしまったそうです。入居してわりとすぐの頃から出たいとは思っていたのですが引越しをするにも初期費用等がとても掛かってしまう為(今の家でも50万程掛かりました…)ずっと耐えておりましたが」「家に長時間居ると体調が悪くなったり、マイナスな事ばかり考えて落ち込んでしまう事が多くなりました。」と次第に自身の体に悪影響を及ぼし、医師から「早急に出たほうが良い」「このままでは命すら危険だ」と言われたとのこと。

門楼は「早急に出ないとという気持ちと今回はじっくりと考え決めないといけないという気持ちです。カビハウスで体調を崩してしまいここ最近働けず貯金を崩して生活していた為、どうすれば良いのか…」と悩んでいるようで「本当に初めての一人暮らしで分からない事だらけで世間知らずでごめんなさい。もし何か意見やアドバイス等ありましたらコメントして頂けると本当に有難いです。」とブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)