エド・はるみ、“変形性膝関節症”と診断されたことを報告「ヒアルロン酸を膝に注射」

エド・はるみ、“変形性膝関節症”と診断されたことを報告「ヒアルロン酸を膝に注射」

※エド・はるみオフィシャルブログ・ヘッダー

タレントのエド・はるみが22日に更新した自身のアメブロで、「変形性膝関節症」と診断されたことを明かした。

数日前から急に右膝が痛みだしたというエドは「早めの対応として、今日は病院に行ってみた」といい、結果について医師から「初期の変形性膝関節症ですね」と診断されたことを報告。

続けて症状について「関節の軟骨がすり減ることで 痛みがもたらされているらしい」と説明し、「ヒアルロン酸を膝に注射」「一週間ほど処方された痛み止めを飲んで様子をみることに」とつづった。

また、帰宅途中ではサポーターを購入したといい、帰宅後に早速つけてみたところ「痛みが かなり軽減されました」と効果を感じた様子。「凄ーい」と驚いた様子で語った。

この投稿に読者からは「膝が痛いのは、辛いですよね」「早く治るといいですね」「ご無理はされないでお大事にしてください」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)