西村知美『24時間テレビ』のランナーを務めた際の写真を公開「ゴール会場のあの階段を支えられながら降りていき」

西村知美『24時間テレビ』のランナーを務めた際の写真を公開「ゴール会場のあの階段を支えられながら降りていき」

※西村知美オフィシャルブログより

タレントの西村知美が25日に更新した自身のアメブロで、過去の夏の大型チャリティー特番『24時間テレビ』(日本テレビ系)でチャリティーランナーを務めた際の写真を公開した。

この日、西村は「日本テレビ 24時間テレビのチャリティーマラソンには絶対欠かせないのがマラソントレーナーの坂本雄次先生」とコメントし、「24時間マラソン」の立ち上げから携わっているランニングプロデューサー・坂本雄次氏夫妻をモチーフにしたアイシングクッキーを公開。

続けて、「もちろん、長年チームワークでランナーを支えているスタッフの皆様も必要不可欠の存在!!」と述べ、「坂本先生ご夫妻と番組スタッフの皆様とランナーの皆様の深い信頼感があるからこそゴールを目指して、すべての想いを背負って走りきることが出来るのではないかと いつも感じます」と自身の考えをつづった。

さらに、「2002年、私が走った時の画像です」と坂本氏と並んで走る姿を公開し「ゴール会場のあの階段を支えられながら降りていき、ステージ上では、沢山の先輩など出演者の皆様や、お友達が応援に駆けつけてくれて、沿道でも夜遅く、そして朝早くからずっと途絶えることのない地元の皆様からの声援、会場いっぱいのお客様や、テレビの向こう側で一生懸命想いを伝えてくださる皆様」と当時を振り返った。

関連記事(外部サイト)