『ノーサイド・ゲーム』アストロズの仲良しオフショット公開「支えてくれるのは、仲間と大義」

『ノーサイド・ゲーム』アストロズの仲良しオフショット公開「支えてくれるのは、仲間と大義」

※廣瀬俊朗オフィシャルブログより

元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗が25日と26日に自身のアメブロを更新。出演している日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)の共演者たちとのオフショットを公開した。

同ドラマは小説家・池井戸潤氏の同名小説が原作。大手自動車メーカー「トキワ自動車」で、かつて幹部候補と言われていたものの出世レースから外されてしまった中堅サラリーマンが、同社のラグビーチーム「アストロズ」を再建させるという物語。主人公の君嶋隼人役を俳優の大泉洋が演じ、廣瀬はアストロズのラグビー選手で、君嶋に反発しながらもチームのために情熱を傾ける浜畑譲を演じる。

25日のブログで廣瀬は、「2人は、双子?」とお揃いのユニフォームを着た共演者の写真や、「葉詩と」と俳優の眞弓葉詩との2ショットや、メンバーとのお茶目な表情のオフショットを公開した。

続けて26日のブログでは、25日に放送された第7話の内容に触れ、「でも、人間なんで、色々と揺れることもあるね 辛いこともあるし」とコメント。「その時に支えてくれるのは、仲間と大義やね」とつづり、「面白かった」「今日から撮影また、頑張ろっと」と気持ちを新たにアストロズのメンバー達との集合写真を公開した。

これらの投稿に「今夜もハマりました。ありがとうございました」「廣瀬さんは勿論ですが、皆さんカッコよかったです」「皆さん面白くて楽しそう」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)