はんにゃ・川島の妻、陣痛中に何度も唱えていた言葉「めちゃくちゃ痛くて痛くて」

はんにゃ・川島の妻、陣痛中に何度も唱えていた言葉「めちゃくちゃ痛くて痛くて」

※川島菜月オフィシャルブログ・ヘッダー

芸名を“川島ofレジェンド”に変更したお笑いコンビ・はんにゃの川島章良の妻・川島菜月さんが29日に自身のアメブロを更新。2月20日のブログで誕生を報告していた息子の出産時を振り返った。

この日、菜月さんは出産レポートとして「陣痛はママも痛いけど赤ちゃんはもっと痛いらしい」と書き出し、陣痛中に「ママが痛がっているのが伝わると赤ちゃんは心配してなかなか出てきてくれなかったりする」という話を聞いたそうで「ママは大丈夫だよ」「心配ないから出てきていいよ」と語りかけていたことを説明した。

しかし、「現実はめちゃくちゃ痛くて痛くて」「痛いけどそれが伝わらないように「大丈夫だよ」と何度も心で唱える」とその時の様子を説明。助産師から教わった「ヒッヒッフーだよ」という呼吸法で陣痛に耐えていたことを明かした。

菜月さんは「「赤ちゃん、ママは大丈夫だよー」って語りかける私の顔は地獄絵図だったと思う」と振り返り、息子は「昼前くらいには出てきそうだって!」と言われたそうで、「なんやて?!昼前?!!!!!そりゃ困るよ!」と焦った様子でつづり、「続く…」と予告した。

関連記事(外部サイト)