西村知美、親孝行が出来る喜びを語る「幸せを噛み締めています」

西村知美、親孝行が出来る喜びを語る「幸せを噛み締めています」

※西村知美オフィシャルブログより

タレントの西村知美が3日に更新した自身のアメブロで、母親が誕生日を迎えたことを報告し、親孝行について語った。

この日、西村は「今日は、実母のお誕生日」と、若き日の家族3ショットを公開。「2年前、大手術をした時は、もう東京に来られないかも…と心配していましたが、今は元気になって、本当に嬉しいです!」と正直な気持ちを述べ、「まだまだ親孝行出来るし、これからも、まだまだ甘えさせてください」とつづった。

西村は「親孝行が出来る幸せを噛み締めています」と述べ、「何をしても本当に母が嬉しいのかはわからないけれど、「何をしてもらった」より「何かしてあげたい」という気持ち自体が嬉しいそうです」と説明。「電話でも、手紙(メール)でも、相談でも、甘えても、プレゼントしても、旅行でも、感謝の気持ちでも、相手の為に思う心が伝われば、それが親孝行」と自身の考えを紹介した。

さらに「もし連絡が出来ない状況でも、心も身体も元気なだけで、立派な親孝行。もし心も身体も心配かけてしまう状況でも、その笑顔が、素敵な親孝行」と続け、「きっと昭和の私に熱弁してもわかってくれない。だから、時が必要なんですよね」としみじみした様子でコメント。「こんな気持ちにさせてくれた家族と時間に感謝」と述べ、「お母さん、お誕生日おめでとう」と祝福した。

関連記事(外部サイト)