戸塚純貴『警視庁ゼロ係』3ショットを公開「衝撃の最終回、お見逃しなく!!」

戸塚純貴『警視庁ゼロ係』3ショットを公開「衝撃の最終回、お見逃しなく!!」

※戸塚純貴オフィシャルブログより

俳優の戸塚純貴が6日に自身のアメブロを更新。出演しているドラマ『警視庁ゼロ係?生活安全課なんでも相談室?SEASON4』(テレビ東京系)の共演者たちとの3ショットを公開した。

同ドラマは“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアのKY刑事・小早川冬彦(小泉孝太郎)と、“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)のコンビが事件を解決していく連続ドラマで現在シーズン4が放送されている。戸塚は生活安全課なんでも相談室の巡査長で、岩手訛りが抜けないゆとり世代の巡査・太田文平を演じている。

この日戸塚は「今夜、20:00?テレビ東京ドラマ「警視庁ゼロ係?なんでも相談室?season4」最終回!放送です!」と告知し、「神沼の模倣犯捕まえようと奮起するゼロ係だったが、取り逃がす上に、寅三さんが刃物で刺されてしまう、衝撃の悲劇。なんでも相談室には欠かせない存在の寅三さんが居なくなってしまい、どうすることもできなくなってしまった我々は、春吉でくだをまくしかないのだ。それでは何も解決しない。本当のゼロになってもいい、みんな危険を顧みずに。みんなの思いを1つに。そして、全ての黒幕が現れる…。」とドラマの見どころをつづった。

また「警視庁ゼロ係シーズン4も沢山の方々に見て頂き、心から感謝申し上げます。ゼロ係は、終わりません。あなたの心に生き続けます。まとわりついてきます。ゼロ係のゼロははじまりのゼロなんです。衝撃の最終回、お見逃しなく!!」とPRし、『なんでも相談室』の係長・横山建夫役を演じる俳優の片岡鶴太郎と、巡査長・桜庭勇作役のお笑いコンビ・TKOの木下隆行との3ショットを公開してブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)