マルシア『ルパンの娘』どんぐりとのオフショット公開「関西弁がたまらん」

マルシア『ルパンの娘』どんぐりとのオフショット公開「関西弁がたまらん」

※マルシアオフィシャルブログより

歌手で女優のマルシアが7日と8日に自身のアメブロを更新。出演中の連続ドラマ・木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系)で共演する女優のどんぐりとのオフショットを公開した。

同ドラマはロングセラーとなっている小説家・横関大さんの同名小説が原作で、泥棒を家業としている『Lの一族』(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田恭子)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

マルシアは和馬の母で、冷静沈着で鋭さを兼ね備える鑑識課の非常勤職員・桜庭美佐子役を、どんぐりは華の祖母・三雲マツ役を演じている。

この日マルシアは「#ルパンの娘撮影無事に終了!」と自身の写真や「今日はどんぐり様とのオフショット…」とどんぐりとの2ショットを公開、「どんぐりさんはいつも現場を明るくし、関西弁がたまらん 可愛いなーどんぐり様」と絶賛した。

また翌日更新されたブログでは「#ルパンの娘 6月から始まった撮影たち…そろそろ…美佐子ママとの時間も少なくなってきてる…」と寂しそうにつづり「ふと、そのことを考えると心が締めつくような寂しさが漂う…美佐子ママ最後までしっかり任務に尽くす…皆様も楽しんでね…見守ってね…応援してね…ふと、そんな感情が湧き上がってきた…」(原文ママ)とづつってブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)