浜田ブリトニー&いわみん、娘が『斜頸』の可能性で大学病院へ「心配でなりません」

浜田ブリトニー&いわみん、娘が『斜頸』の可能性で大学病院へ「心配でなりません」

※浜田ブリトニーオフィシャルブログより

漫画家でタレントの浜田ブリトニーと夫で、お笑い芸人の“いわみん”こと岩見透が9日に、それぞれのアメブロを更新。娘の雫ちゃんに『斜頸(しゃけい)』の疑いがあり、大学病院に足を運んだことを報告した。『斜頸』とは常に顔を左右どちらかに向けて首をかしげた状態になるもので、先天性を含め原因によってさまざまに分類される。

この日、浜田は保育園の先生から「斜頸の疑いがあります」と言われたことを報告し、「いわみんと雫ちゃんを連れて病院へ」と焦った様子で報告。その結果、「歩く時、少し首が 右に傾いてるとの事でしたが とりあえず今のところ大丈夫でした」と述べ、「あとは様子見なので まだまだ油断は出来ませんがとりあえずひと安心です」と報告した。

同日、いわみんもブログで「医大の先生を紹介してくださって東京医大病院へ」「最優先で雫を連れて来ました」と大学病院に雫ちゃんを連れて行ったことを報告。「本当に斜頸なのであれば心配でなりません」「取越し苦労でありますように」と胸中をつづった。

結果については浜田と同じく「斜頸の心配はないそうです」と報告し、「念の為また11月に診察に来てくださいとの事なので その時にまた経過を診てもらおうと思います」と説明。

「ともあれ無事でよかったぁ?」とホッとした様子で、「だってこんな元気なんだもん」と笑顔の雫ちゃんの写真を公開。「でも心配してくださった保育園の先生方にも感謝ですね」と改めてつづった。

これらの投稿に「雫ちゃん何でもなくてよかったです!」「早く 結果がわかって 何よりでしたね」「小さなことでも気がついてくれて良い保育園だね」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)