後藤真希、デビュー20周年を迎え感謝「本当に色々な事がありました」

後藤真希、デビュー20周年を迎え感謝「本当に色々な事がありました」

※後藤真希オフィシャルブログより

モーニング娘。の元メンバーでタレントの後藤真希が9日に更新した自身のアメブロで、デビュー20周年を迎えた感謝をつづった。

この日、後藤は「今日はラブマシーンでデビューをして20年!てことは、今日から20周年の始まり!!」と報告。OGメンバーからも祝福のメッセージがあったといい、「びっくりしたし、とっても嬉しくなりました」と明かした。

後藤はデビュー当時について「右も左も明日のスケジュールもわからず集合場所を確認しては迷わないようにと地図を開いていた13歳の私。宝探しをしているような気分でした」と振り返り、「それに芸能界への道を泣いて喜んでくれた母の顔が今もスッと浮かんできます」と2010年に他界した母親について述べた。

後藤は「20年、、本当に色々な事がありました」と述べ、「お母さんありがとう。ファンのみんなありがとう。私を大事に思ってくれた人達へありがとう。ただただこの感謝の気持ちです」と感謝のコメント。続けて「とっても懐かしい写真があったので」「仕事が終わって帰宅してお母さんのご飯を食べたあとに撮ったやつ」と母親との2ショットを公開し、「家族のみんなにも本当支えてもらいました」とつづった。

この投稿に「デビュー20周年おめでとうございます」「真希ちゃんデビューしてくれてありがとう。真希ちゃんママ、真希ちゃんを産んでくれてありがとう!」「またごっちんが歌いたくなったら絶対に会いに行くからね」「これからも応援しています」などのコメントが寄せられている。

同日、モーニング娘。の元メンバーでタレントの中澤裕子も自身のアメブロで「1999年9月9日 LOVEマシーン おめでとう」「ごっちゃん20周年おめでとう」と祝福。続けて、「つんく♂さん 夏まゆみ先生 ASAYANスタッフの皆さん 事務所スタッフの皆さん 何より応援してくださっている皆様 たくさんのありがとうの感謝の気持ち」と述べ、「これから何年何十年歌い繋がれていきますように」と願いを込めた。

関連記事(外部サイト)