龍玄とし(Toshl XJAPAN)、東京での初個展終え感謝「己との深遠なる対話を色彩に宿す」

龍玄とし(Toshl XJAPAN)、東京での初個展終え感謝「己との深遠なる対話を色彩に宿す」

※龍玄としオフィシャルブログのスクリーンショットです

龍玄とし(Toshl XJAPAN)が11日に自身のアメブロを更新。9月9日まで東京都台東区にある上野の森美術館ギャラリーで開催された『マスカレイド・展2019 音の世界を、描く 龍玄とし』が終了したことを受け心境をつづった。

この日龍玄は「マスカレイド・展 音の世界を、描く 龍玄とし 東京PRE-EXHIBITION上野の森美術館 終了し皆様からの反響をたくさんたくさんいただく中でなんとも言えない穏やかな気持ちで目覚めた朝」と個展が盛況の内に終わったことを明かし「また次の長野 大阪 本展へ向け描画 己との深遠なる対話を色彩に宿す作業がまた続きます」と次の個展への準備を開始していることを明かした。

また「それは孤独でありながらも孤独ではないのです 必ずあなたが あなたの眼差しが あなたの心がその誕生をきっと待っていてくれるのだから」と心境をつづり「だから安心してその孤独の中に飛び込んでいくよ そこから探して見つけて感じて抱きしめて現わされる色はどんな色かな 楽しみです!」と前向きにつづってブログを締めくくった。

これに対してファンからは「初の個展大成功おめでとう御座います」「ブログに綴って下さった想い、とっても嬉しかったです」「参加された方の評判がよくて、長野、大阪の期待が高まっています」「今日もとしくんをおもっていますので、安心して描画に向き合ってくださいね」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)