こぶしファクトリー田口夏実 初めてお金を出してDVDを買う

こぶしファクトリー田口夏実 初めてお金を出してDVDを買う

※こぶしファクトリーオフィシャルブログより

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「こぶしファクトリー」の田口夏実が、17歳にして初めて自分のお金でDVDを購入したことを8月4日のブログで告白している。

この日、東京・お台場で行われたアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」に出演したこぶしファクトリー。自分たちの出番を終えると、田口はメンバーの和田桜子とともに、東京・渋谷の東京カルチャーカルチャーで開催された俳優・小松利昌の広いコントライブ「コマツナツマツリ」に行ったという。

小松はこぶしファクトリー主演の映画『JKニンジャガールズ』に出演しており、女子高生を演じた田口に憑依する“おやじ忍者”を演じていた。そういった縁もあり、田口は、「会いたいな?」と思い、小松について調べていたところ、ソロライブが開催されることを知り、自らチケットの予約をして、観に行ったとのこと。

今回、小松に宛てた手紙や差し入れを持っていった田口は、

「差し入れ考えたり、手紙書いたりすごく幸せな時間でした!!!!!」
「皆さんもこんな気分なのか
感謝です。ありがとうございます」

と、ファンレターやプレゼントを贈るこぶしファクトリーファンの気持ちを理解したようだ。

さらに「あんまり詳しくかけないのが辛いくらい面白かった!!!!!!!」とコントライブに大満足だったようで
「DVDも買ってしまいました
昔のヤツの方が在庫が少ないって言うから貴重な感じがして2008年の買いました!」

と、小松利昌が過去に出していたDVDを購入。

「なんか、DVDお金出して買うの初めてだから
なんかすごくウキウキしてます!!!!
わあ。すごい気分!!!!」

とのことで、自分のお金でDVDを購入するのは今回が初めてだったようだ。

関連記事(外部サイト)