山田邦子、激しい咳が続き精密検査をした結果「なんとかならないものか?」

山田邦子、激しい咳が続き精密検査をした結果「なんとかならないものか?」

※山田邦子オフィシャルブログより

お笑いタレントの山田邦子が19日に更新した自身のアメブロで、激しい咳が続き精密検査を受けたことを報告した。

この日、山田は「寝ても、ゼーゼー ひゅるひゅる咳、タンは、ガボガボ」「約1ヶ月睡眠不足と、深い激しい咳による筋肉痛」と自身の症状について説明。精密検査の結果は「気管支炎」と明かした。

「肺や、ノドなどに悪性の転移はなく」と説明し、医師からは「安静に」と告げられたとのこと。「一応ホッとしたのだけど相変わらずのゲホゲホ、ガボガボ」「タクシーの運転手さんにも『大丈夫ですか?』と心配される程」と状況は好転していないようで「なんとかならないものか?静かな劇場とか、ヒヤヒヤします」と述べた。

この投稿に「咳喘息なんで咳の辛さわかります」「原因がはっきりわかっただけでも安心しました」「大事に至らなくて良かったですが、安静に」「早く良くなりますように!!お大事にしてください!!」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)