GACKT、地獄のテキーラ祭りを開催「一年の中で一番恐ろしい」

GACKT、地獄のテキーラ祭りを開催「一年の中で一番恐ろしい」

オフィシャルブログより

7月4日に44歳の誕生日を迎えた歌手のGACKTが、自身の生誕を祝う「地獄の生誕テキーラ祭り」を開催したことをアメーバブログで報告した。

品川プリンスホテルで行われた、曰く「マトモでピースフルな」誕生日パーティーをファンと共に楽しんだGACKTは、「一年の中で一番恐ろしい」という地獄の生誕テキーラ祭りのために六本木へ。

GACKTの生誕を祝い夜通しテキーラを飲み続けるという本イベントだが、

「テキーラはショットで飲むことが通例だが、GACKTのテキーラ祭りは途中から瓶を回し飲みする。これは大体何かの大きなきっかけでそうなるのだが、今年はあまりにもこのタイミングが早く、多くの仲間が次々にステージに上がって飲み合い、苦しみを分かち合う。狂っている…。」とかなりハードな会であるとGACKTは説明。

「今年は、酒が飲めない人は来ないでくれと先に通知をして、飲める人間だけが集まることになったせいか、例年より余計に潰れる連中のペースが早い。」と、例年に増して激しいイベントだったと語った。

続いてGACKTは、

「最後にバースデーケーキが出て来たことは覚えているが、そのあとの記憶が曖昧だ。そして、家に到着した辺りでまた意識が戻る。そしてとった写真がこれだ。」と気だるげな表情の自撮りを公開し、

「また、今日から来年の誕生日を迎えるまでしっかり頑張ろう。もっと気愛が必要だ…。GACKT頑張れ!!」

と自身を奮い立たせる言葉でブログを締めくくっている。

なお、このテキーラ祭りは以前からたびたび開催されており、10年前の2007年のGACKTの誕生日でも

『死ぬほど用意されたテキーラと、死ぬほど並んでいる乾杯の列に
「今日は完全に死ぬな・・・」と覚悟を決め、記憶が薄れていく中で
あのテキーラの香りだけが未だに鼻先から消えません。』

と、死を覚悟した飲み会であったことを告白している。


関連記事(外部サイト)