モデル・鈴木サチ、度々不安を感じていた長女の子育て「何度も救急病院に駆け込んだ」

モデル・鈴木サチ、度々不安を感じていた長女の子育て「何度も救急病院に駆け込んだ」

※鈴木サチオフィシャルブログより

モデルの鈴木サチが25日に自身のアメブロを更新。長女が9歳の誕生日を迎えたことを報告した。

この日鈴木は「長女。無事に9歳になりました」と報告し「いつも優しくて面倒見がよくて、マイペースのおっとりさん。いつも私が怪獣にーさんや次男坊にかかりっきりになってしまって、なかなか娘に手が回らない時、私の愛情は伝わっているか、ハグが足りないのでは、我慢ばかりさせてどんどん大きくなってしまっていないか、、、度々不安になる事も。」と心境をつづった。

また「特に娘に関しては、、、小さい頃からアレルギー持ちで食事にすごく注意したり、喘息気味で咳が止まらず、何度も救急病院に駆け込んだり、なんとか治してあげたいと県外の病院にまで行ったり、、、気がついたら診察券の数がすごいことに」と、アレルギー持ちで喘息気味な娘を心配することが多かったとのこと。

しかし「そんな心配もさておき、どんどん強く大きくなっていって、今では頼れるおねーさん。次男坊の面倒も私のお手伝いもしっかりしてくれる。」としっかり成長していることを明かし「でもとにかく元気で笑顔だったら、ままはそれで十分だからね。心から愛してるよ お誕生日おめでとう。」とケーキを持った長女と息子達の写真を公開してブログを締めくくった。

鈴木は2009年に結婚し2010年に第1子長女、2012年に第2子長男を出産、今年4月に次男を出産した。

関連記事(外部サイト)