『ルパンの娘』“桜庭夫婦”が最後のハグ「さよならパパ!さみしいよ」

『ルパンの娘』“桜庭夫婦”が最後のハグ「さよならパパ!さみしいよ」

※マルシアオフィシャルブログより

歌手で女優のマルシアが27日に自身のアメブロを更新。26日に最終回を迎えた連続ドラマ・木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系)で共演する俳優・信太昌之とハグをする動画を公開した。

同ドラマはロングセラーとなっている小説家・横関大さんの同名小説が原作で、泥棒を家業としている『Lの一族』(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田恭子)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。マルシアは和馬の母で、冷静沈着で鋭さを兼ね備える鑑識課の非常勤職員・桜庭美佐子役を、信太は和馬の父で警視庁警備部 SAT隊長・桜庭典和役を演じた。

この日、マルシアは「桜庭夫婦 典和パパとの最後のハグ…」と、信太とハグをする動画を公開し、「パパ、三ヶ月間ありがとう そして、三ヶ月間愛しました」「さよならパパ!さみしいよ」とコメント。信太も動画で「マルシアさんのおかげで乗り切れましたよ」と述べており、仲の良さをうかがわせた。

関連記事(外部サイト)